国際空手道 円心会館 福岡支部

お問い合わせ(10:00~21:00)
092-541-3332
国際空手道 円心会館 福岡本部事務局

二宮城光館長 活動報告

二宮館長は日頃、米国デンバーの国際総本部で内弟子のファイターと一緒に汗を流し、指導をなさっていらしゃいます。一武人として己の修練に留まることなく、、次世代へと円心空手を継承発展させる為、 米国のみに留まることなくを世界各地へと年間を通じ、二宮館長は単身で各国で開催される大会に臨席、 また直伝稽古の指導にあたっておられます。 円心会館は、国際空手道の名称の通り28カ国に支部を展開いたしておりますが、円心空手を求める人々の声に応え 今現在も新規で各国に支部が開設をされています。我々日本国内の道場生が、あまり知りえなかった各国の道場で指導される二宮館長の姿を今後、紹介してまいります。


2015ヨーロッパ 直伝稽古・サバキチャレンジ


2015スリランカ 直伝稽古・サバキチャレンジ





2014東京城西支部 直伝稽古

2015米国バージニア支部 直伝稽古

2015イラン 直伝稽古・サバキチャレンジ





2015スウェーデン 直伝稽古


2015ペルー 直伝稽古

林 哲史師範 活動報告

林師範は福岡支部より選手が参加する大会のみならず、国内の地区大会や米国で開催されます世界大会へも臨席されています。また館長と同行し海外でのセミナーで指導されたりと 幅広く活動をなされています。国内のみならず海外でも活動される林師範の姿をご紹介いたします。

2016/07/31関西大会

関西大会へ18人の福岡支部の選手団を率いて参加されました。




福岡支部入賞選手
小学3年生の部
3位 笹原 久祐基 ・ 深川 独歩
小学5年生の部
3位 山本 哲成
小学5・6年女子の部
準優勝 坂本 亜美
3位 本田 萌々花
小学6年生軽量の部
優勝 倉富 雄也
小学6年生の部
準優勝 本田 一真
3位 藤 優安
中学女子の部
優勝 林 伊吹
中学1・2年中重量の部
優勝 林 拳生
3位 徳永 大翔
中学2・3年中重量の部
準優勝 深見 弦汰
一般女子の部
優勝 河邉 怜
一般男子ベーシックの部
優勝 原 和崇

2016/06/26 中部大会

静岡支部の矢島師範が主催される中部地区大会へ臨席されました。

2016/05/14 国際総本部での館長直伝支部長稽古

サバキチャレンジ世界大会への日本選手団の引率と、館長による支部長への直伝稽古へ出席されました。円心空手は試合で実証された新たな 技術を稽古体系に取り入れる為、常に変化し続けています。近年では基本の追加と変更、新たな型の制定するなど新たな技術を正しく指導する為、 林師範は毎年、館長直伝の支部長稽古へ出席なされています。




2015/11/22 西国武道会館での演武会

西国柳生新影流様の新道場が開設の記念に、こけら落とし演武大会が開催されました。 演武大会開催にあたり演武の披露の依頼を受け、林師範による円心空手のテクニックを使った護身と西 俊春・香月 雅貴選手を相手に2人掛けの演武を披露されました。



2015/09/27 東北大会

今回より開催地を仙台に移しての東北大会へ臨席されました。東北大会の終了後、山形の岸先生の許へ訪ねられました。


国際空手道 円心会館 福岡支部 活動報告

2016/08/20~21 福岡支部夏合宿

毎年恒例の夏合宿を開催いたしました。今年から福岡支部合同稽古も同時に開催し、志免南小学校で普段とは違うゲーム的要素を 取り入れて稽古を行いました。こちらの合同稽古は会員の皆さん全員が無料で参加できます。今年参加されなかった方は来年は是非、参加しましょう。









2016/06/19少年部審査会

2016年の九州大会でも優勝した桶本咲月選手が兄の優選手に続き、見事昇段いたいしました。桶本選手のお兄さんもお父さんも 円心空手を修行しています。和白道場から続々と黒帯が誕生いたしておりますが、本来、お父さんの方が早く昇段審査を受験する予定でした。 しかし怪我により、延期となりましたが今年中には黒帯になる予定です。そうなると林師範に西親子、父・息子・娘の全員が円心空手の有段者という 快挙になります。桶本咲月選手おめでとございました。





2016/04/16 一般部審査会

今回、高島先生が指導している木曜日のクラス(ビジネスマンクラス)から3人目の黒帯が誕生いたしました。 入門した当初は準備体操を終えた時点で息が上がるような状態でしたが、同じような状況から修行を重ね指導員になった高島先生の叱咤激励に応え、吉村さんは経営者としての激務と空手の稽古を 両立し見事に10人組手を完遂いたしました。黒帯は身体的強さの象徴ではなく、諦めずに継続し続けるという 精神の強さの証ともいえます。是非、道場生の皆さんも吉村さんに続き黒帯を目指してください。

2015/12/20 クリスマスパーティ

田主丸にあるマツヤウイングで、恒例のクリスマスパーティーを開催いたしました。ビンゴ大会やコーラ・ビールの早飲み・カラオケ等のレクレーションを行います。 マツヤウイングの小関社長から毎年、豪華なクリスマスケーキのプレゼント、早飲み大会では賞金を出して頂くなど福岡支部の為に、ご尽力していただいております。 また福岡支部のクリスマスパーティーの見所は、陣ノ内先生の号令をもとに アクシオン道場選抜メンバーによる電撃ネットワークを彷彿する過激なリアクション芸にあります。(今年は団員不足の為、お休みでしたが。) さらに綾小路きみまろ以上の毒舌なマイクパフォーマンスで、少年部や父母の皆さんを爆笑へ導きます。 そして福岡市から参加するメンバーは、最寄の道場までバスの送迎が行われます。パーティーの最後には参可者全員へ林師範から、お菓子詰め合わせのお土産がプレゼントされます。 ちなみに師範自らがビンゴの景品からお菓子詰め合わせまで全て準備されるのですが、毎回、費用不足分を師範が穴埋めしているという参加者にとってお得なパーティーとなっております。普段、顔を会わせることのない道場生同士が交流できる場ですので、皆さんも是非、参加してみてください。







2015/12/13 特別昇段審査会

一般部審査会の翌日に、弐段以上の特別昇段審査が実施されました。この審査には茶帯以上のみが参可を許される 審査会です。林師範が黒帯たちの癖を修正しながら正しい円心空手を指導しつつの内容の濃い審査となります。今回、森部先生・高島先生・秋山先輩・青木先輩の 4名が受験いたしました。また参段の昇段に関しては今回の審査から初めて流水の型が必須となります。そして、前日の連続組手以上の激しい連続組手となり 特に秋山先輩は1人目から全開で動き、最後まで見事に完遂しました。森部・高島両先生も指導している生徒の前で、見本となるような闘志溢れる組手を行いました。 青木先輩も初めての特別昇段審査の緊張の中、無事に連続組手を完遂しました。皆さん、おめどうございます。






2015/12/12 一般部審査会

今回、高島先生が指導している木曜日のクラス(ビジネスマンクラス)から初の黒帯が2名誕生いたしました。山下くんの連続組手では近来稀に見る ガチの組手で、福岡支部のファイター達が加減することなく打撃を打ち込む白熱した組手でした。もう一名の斉野平さんは木曜クラスだけでなく、仕事の スケジュールを調整し日曜クラスにも出席する程、稽古熱心な会員です。更に審査直前には師範が指導する火曜日のクラスにも出席するなど、準備を整え 昇段審査に臨みました。その準備に応えるように、連続組手では斉野平さんの精神・肉体の限界を引き出すべく厳しい組手となりましたが無事完遂いたしました。 黒帯はゴールでなく成人式を迎えたばかり若者のような存在でしかなく、まだ未熟ではありますが、それでも円心会館と福岡支部の看板を背負うこととなります。 色帯の道場生の目標となる黒帯として活躍されることを期待しています。







2015/11/29 少年部審査会

アクシオン福岡で少年部審査会を実施いたしました。審査では基本や型を重視してチェックを行います。また大きな掛け声を出すということは 基本中の基本です。普段の稽古の時から、心がけておきましょう。さて今回、少年部の審査会では5人の黒帯が誕生いたしました。そのうち和白道場 が4人を占めました。昇段審査は10人連続で、対戦相手の殆どが黒帯が相手をいたします。十分な稽古を積んでおかないと昇段審査を受験することは 出来ませんが、稽古を真面目にやれば必ず黒帯にはなれます。福岡支部で黒帯を取ることは他の道場より難しいかもしれませんが、それだけ価値 があります。黒帯だから強いのでなく、強いから黒帯なのです。それも肉体的な強さよりも、苦しさに負けないという精神性を重視します。 色帯の皆さんも、黒帯の先輩達を見習いがんばっていきましょう!



2015/11/22 西国武道会館での演武会

林師範と伴に少年部も西国武道会館で開催された、こけら落とし演武大会に出席いたしました。当日は19の武道団体が集結し、福岡支部は 全日本大会で活躍をした少年部を中心に2015全日本王者の山本 和弘選手の号令で基本・型・ミットトレーニングを披露いたしました。



2015年11月01日 2015サバキチャレンジ全日本大会で福岡支部の選手達が活躍しました!

大阪で開催された円心会館主催の2015サバキチャレンジ全日本大会で福岡支部の選手達が、一般部から少年部まで優勝を含む多数の入賞者を輩出いたしました。 2ヶ月間に渡るファイターズトレーニングをこなした選手達は各階級で活躍し、特筆すべきは一般男子重量級の山本選手は全日本2連覇を達成しました。 惜しくも入賞を逃した選手達も各自課題が見え、来年の九州大会へに向けて課題を克服していくことでしょう。
今回、福岡支部では親子兄弟で活躍した選手達も多く、山本和弘・剛大・哲生 親子、林伊吹・拳生 姉弟、河邉怜・優斗 姉弟、桶本優・咲月 兄妹と互いに刺激しあいながら優秀な成績を残しました。
親子兄弟といえども、生まれ持った才能に違いはありますが、稽古によって埋めることが可能となります。
福岡支部の道場生の皆さんも、ぜひ九州大会に参加し自己の心身を成長させましょう。



2015サバキチャレンジ全日本大会 福岡支部入賞者
小学生女子
準優勝: 桶本咲月(福岡)

小学生男子軽量級
準優勝: 山本剛大(福岡)

小学生男子中量級
優勝: 林拳生(福岡)

中学生女子
優勝: 河邉怜(福岡)
準優勝: 林伊吹(福岡)

中学生男子軽量級
優勝: 深見弦汰(福岡)
準優勝: 桶本優(福岡)

一般男子重量級
優勝: 山本和弘(福岡)

2015サバキチャレンジ全日本大会結果


2015/11/01 エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館 第二競技場)
小学生女子
優勝: 三谷桃香(愛媛)
準優勝: 桶本咲月(福岡)

小学生男子軽量級
優勝: 戸田幸輝(愛媛) 準優勝: 山本剛大(福岡)

小学生男子中量級
優勝: 林拳生(福岡)
準優勝: 足利将彰(滋賀)

中学生女子
優勝: 河邉怜(福岡)
準優勝: 林伊吹(福岡)

中学生男子軽量級
優勝: 深見弦汰(福岡)
準優勝: 桶本優(福岡)

中学生男子重量級
優勝: 村上秀太(滋賀)
準優勝: 三瀬歩望(愛媛)

一般女子
優勝: 藤原愛(兵庫)
準優勝: 荻田梨沙(東京城西)

一般男子軽量級
優勝: 水城仁宏(東京城西)
準優勝: 瀧本隆司(愛媛)

一般男子重量級
優勝: 山本和弘(福岡)
準優勝: 平塚透(愛媛)

サバキスピリット
市川丸(静岡)
小笠原汰一(愛媛)

敢闘賞
ホダバフシ ファルハード(イラン)

2015年10月22日 姿勢教室開催いたしました!

正しい姿勢のとり方(インナーマッスルを刺激し、痩せやすく腰痛になりにくい姿勢とは。)をテーマに LOGOSカイロプラクティック・オフィスより講師として道岡 忍先生(JCDC認定カイロプラクティック・ドクター)に指導していただきました。道岡先生は デンバー総本部で二宮館長の許で内弟子の修行をされ、2003年軽量級世界チャンピオンとなりました。現在、大橋でカイロプラクティスの施術を行われています。 今回、チャレンジビギナーズクラスの終了後、無料で姿勢教室を開催されました。今後も開催を計画いたしております。ホームページ上で告知いたしますので、興味のある方の参加をお待ちいたしております。

LOGOSカイロプラクティック・オフィス

福岡県福岡市南区大橋1丁目8-19 プロベニオ大橋6E TEL:092-555-7898
営業時間:月~日10:00~12:00/14:00~20:00 定休日:木曜日・祝日


2015年8月29日 福岡支部設立20周年記念 二宮館長直伝稽古

1995年8月18日に福岡市立高宮中学で開設された福岡支部が20周年を迎えました。この節目の年に二宮館長をお招きして、福岡で 5度目となる直伝稽古をアクシオン福岡で行いました。岩手から坂本東北本部長、佐々木指導員、佐賀の藤田支部長、広瀬指導員も来て頂くなど 意義ある稽古となりました。我々の円心空手は試合を通じて新たな技術が生まれます。その新しい技術及び、合理的な 稽古方法を追及する為、基本の一部変更と「流水」の型が新たに追加されました。二宮館長の直伝稽古は、最新の円心空手の技術を学べます。 また稽古の後には道着にサインを書いて頂き、館長の本や色紙にサインをもらう道場生など、今後、間違いなく「語り継がれる空手家」である 二宮館長と接することの出来る貴重な時間を過ごすことができました。




2015年8月29日 福岡支部設立20周年記念 祝賀パーティ

二宮館長の直伝稽古終了後に場所を「GRAND|HYATT」に移し、祝賀パーティーを開催いたしました。二宮館長、矢頭近畿本部長を筆頭に開設当時に道場生だった方々や 福岡支部と林師範にお力添えして頂いた方々を迎え、盛大に福岡支部開設20周年を祝いました。二宮館長からは福岡支部設立を経緯を語っていただき、館長が師範を説得 されていなかったら福岡支部自体が存在していなかったかも知れないという事実を初めて知った道場生もいたことと思います。また会は非常に盛り上がり、 林師範の感謝の言葉では黒帯一人一人に想いをユーモア溢れる内容語られましたが、過去を晒された約一名の黒帯は「事実ではあるが納得いかないと」ぼやいておりました。 しかし、その林師範自身も学生時代からのご友人のスピーチでは「衝撃」の過去を明かされそうになり、それを師範が止め、他の学生時代の友人が公表を求めるという 非常にスリルあるスピーチを「笑激」の内容でまとめていただき、まさにプロフェショナルな「トークショー」として二宮館長を始め全員が爆笑につつまれました。 福岡支部の全日本・世界優勝者の演武では既に酒に酔った状態の為、技も挨拶も笑いを誘ったチャンピオン、また当日に編集した映像を消してしまい未編集の道場の映像アルバムを 公開するなどハプニングも発生しましたが、参加者全員が時間を忘れ楽しいひと時を過ごすことが出来ました。この様に、笑いに包まれる明るい支部の雰囲気は林師範の人柄によると 確信し、福岡支部に所属する誇りと喜びを道場生は感じたと思います。また、林師範に「アグレッシブ」なサプライズを演出し、このような素晴らしい祝賀パーティーを実行委員長として 開催して頂いた、陣ノ内「大」先生には心より感謝申しあげます。





新極真 福岡県空手道選手権大会

2015/8/30に福岡国際センターで行われました新極真の福岡県空手道選手権大会に 福岡支部から以下の9名の選手が参戦いたしました。

小学3年生男子初級の部 北村 しょうえいくん
小学4年生男子上級の部 山本 てっせいくん
小学5年生女子上級の部 桶本 さつきちゃん
            北村 さりいちゃん
小学6年生男子上級の部 林 けんせいくん
一般男子中級の部    梅津 卓弥君
            西村 涼君
一般男子上級の部    西 俊春君
            香月 雅貴君

そして!西村 涼君が一般中級の部で見事3位入賞しました!
本当におめでとうございます!

2015年8月21~23日 全日本夏合宿

近畿本部長 矢頭先生の主催により滋賀県で全日本夏合宿が行われなました。二宮館長が来日され直伝稽古を受けられるということもあり、 福岡支部より11名が参加いたしました。少年部の参加者を林師範と山本先輩が新幹線で引率し滋賀へと向かいます。現地では日本国内のみならず 海外から参加された支部長や少年部の子供達と交流し稽古を行いました。全国の仲間と空手の稽古だけではなく、和気藹々と焼肉に舌を鼓み、また琵琶湖で泳ぐなど 日頃体験できない経験ができますので、機会があれば福岡支部の道場生の皆さんも是非、参加してみてください!





2015年8月1~2日 福岡支部夏合宿

例年開催しております、福岡支部夏合宿を宗像で開催いたしました。初日に宗像ユリックスで稽古を行った後に、サンピア福岡で遊泳しました。 夜には花火大会を行うなど日頃、顔を合わせる機会の少ない各道場の仲間との交流の場として楽しく合宿を行いました。年齢も学校も違う子供達が、 一同に会して宿泊し空手の稽古を行うことは貴重な体験になるものと思われます。多くの道場生の皆様の参加を期待いたしております。







2015年7月26日 特別昇段審査会

弐段以上への昇段は、茶帯以上の道場生のみが参加が許される特別昇段審査によって行われます。今回は、参段に高島孝彦先輩、 弐段には横山万理先輩が昇段いたしました。林師範の細やかなチェックで、基本から各人のクセを修正しながら審査となりますので 受験をしない上級者である道場生も非常に為になります。 円心空手は新しい技術を貪欲の取り入れながら進化していますので黒帯といえど稽古を継続して行い、 新しい技術を習得しなければ昇段できません。また福岡支部の連続組手は世界チャンピオン、全日本チャンピオン が対戦相手として出てきますので、稽古によって戦えるコンディションを作ることが重要となります。






2015年7月25日 一般審査会

一般審査会を実施し、秋山睦子先輩が初段に昇段いたしました。筆記試験から始まりハードな連続組手を行う厳しい審査ですが、稽古の 積み重ねで克服できます。色帯の皆さんも是非、黒帯を目指して稽古いたしましょう。






2015年7月19日 サバキチャレンジ関西大会

2015/07/19 福岡支部より27名の選手がサバキチャレンジ関西大会にエントリーいたしました。
女子の部
●小学・女子2部 ・優勝 徳永ゆなちゃん。  同 3位 本田ももかちゃん。
●小学・女子3部 ・優勝 桶本さつきちゃん。 同 準優勝 北村さりいちゃん。
●中学生・女子部 ・優勝 河邉れいちゃん。  同 準優勝 林いぶきちゃん。
男子の部
●幼児の部 ・準優勝 徳永はると君。同・3位 深川ばんり君。
●小学・低学年2部 ・坂本きょういち君。惜しくも初戦敗退。
●小学・低学年4部 ・優勝 笹原ひさゆき君。同 江藤りゅうのすけ君。惜しくも初戦敗退。
          同 深川どっぽ君、大会前に怪我をし惜しくも欠場。
●小学・低学年7部 ・4位 北村しょうえい君。
●小学・高学年3部 ・優勝 倉富ゆうや君
●小学・高学年4部 ・優勝 太田りゅうすけ君。 同 3位 山本てっせい君。
●小学・高学年5部 ・準優勝 本田かずま君。
●小学・高学年6部 ・優勝 大原はるま君。同 準優勝 川邊ゆうと君。
●小学・高学年7部 ・準優勝 林けんせい君。 同4位 赤松こうき君。
          同 荒尾まさや君 惜しくも初戦敗退。
●中学生男子軽量級 ・優勝 桶本ゆたか君。 同 3位 入江じゅんぺい君。
●中学生男子重量級 ・3位 深見げんた君。
●一般男子軽量級  ・準優勝 西村涼君。 同 サバキスピリット賞 渡部あきひろさん。
以上の27名、ホントに良く頑張ってくれました!
その結果、優勝8名。準優勝7名。3位 5名。4位 2名。サバキスピリット賞1名と 好成績を残しました。 又、引率して頂きました、江藤先輩、山本先輩、笹原先輩本当に有難うございました!



2015年6月28日 少年部昇級審査会

2015/06/28 アクシオン福岡にて少年部昇級審査会を開催いたしました。
福岡支部の少年部昇級審査についての考え方は、こちらのページをご参照下さい。


白帯から各帯ごとに審査開始いたします。

白→オレンジ1→オレンジ2→青→黄→緑・茶と各帯のグループに分け、しっかりとチェックを行います。

基本(突き・蹴り・受け)を林師範を統括として指導員・有段者が数人づつを受持ちチェックします。

型は少人数分けて、更に厳しくチェックを行います。

先輩達がミットをもち、円心空手独自のコンビネーションのチェックします。

有段者と上級者が目を配り、安全を配慮しながら組手のチェックを行います。

茶帯から黒帯への昇段には有段者を含む上級者との10人連続組手が必須となります。

今回、昇段を果たした林拳生と櫻木涼太の林師範との記念撮影。

2015年5月30日 サバキチャレンジ2015世界大会

林師範率いる日本選手団が世界大会で、福岡支部の山本選手が重量級で見事、3回目の準優勝をに輝き、初出場の東京城西支部の水城選手が軽量級で準優勝に輝きました。

各階級で優勝・準優勝を修めた選手達

健闘した日本人選手団

重量級で準優勝した山本選手と二宮館長、林師範

二宮館長を囲んで記念撮影する林師範、山本選手、林拳生、山本剛大、山本哲生

デンバーの合気道 日本館の本間先生を囲んでの記念撮影

世界大会に赴いた日本の支部長の先生方

国際総本部で二宮館長の支部長向け直伝稽古に参加された日本の支部長の先生方

二宮館長から演武で使用した試割のバットを頂いた林拳生


2015年4月26日 全日本フルコンタクト空手道連盟・福岡県フルコンタクト空手道連盟への加盟

2015年4月26日に福岡県フルコンタクト空手道連盟の設立に伴い、全日本フルコンタクト空手道道連盟と福岡県フルコンタクト空手道連盟に、国際空手道 円心会館 福岡支部は 加盟いたしました。この連盟は、2020年に開催される東京オリンピックでフルコンタクト空手のオリンピック種目化と日本・福岡県体育協会への加盟を目的といたしております。 福岡支部は、競技ルールは違いますがフルコンタクト空手の社会認知度の向上と学校教育における武道必修化に伴う青少年育成の観点から趣旨に賛同し、 連盟へ加盟いたしましたことをご報告いたします。



山本和弘選手('14全日本王者) 5/30サバキチャレンジ世界大会出場予定

昨年、全日本の王者となった山本選手がデンバーで開催 される世界大会へ出場いたします。過去に世界大会で準優勝を果たしていますが、その経験と後一歩だったという悔しさをバネに、現在、稽古に励んでいます。 道場生の皆さん、是非、応援の程よろしくお願いいたします。



2015年4月11日 昇級審査会 林 華鈴 初段
(全日本'14敢闘賞・'13サバキスピリット賞)
福岡支部 女子初の少年・一般の両部での黒帯取得達成 おめでとうございます!

↑ PAGE TOP